バイナリーオプション100のこと

バイナリーオプションと取引時間

バイナリーオプションとは、市場の動向を予測する金融取引のことをいいます。一般的なのは「ハイ・ロウ型」となりますが、これは2つのうちどちらかを選ぶ取引になります。

具体的には、取引時点のレートに対して、判定時間でのレートが高くなるのか低くなるのかを予想していくのです。勝率は5割ですから、誰にでも比較的簡単に行えて的中の確率も高く人気を集めています。

このハイ・ロウ型なら、特に専門知識も必要ありません。最新のレートの動きをチェックしているだけで、おおまかな予想が可能なので、まさに初心者からベテランまで運用できるバイナリーオプションといえるでしょう。

しかし、相場は大きく動く時もあれば、小さい動きしか見せない時も、激しく乱高下する時もあります。どちらにしても予想が難しく、運に任せるしかない場合もあるのです。バイナリーオプションは、短期間で結果が出ることが多いので、運に頼る傾向が強い取引きといえるかもしれません。

もちろん、予想が難しい時は、あえて何もせずに見守っていることもできます。が、 活発な投資をしている人には、黙って見ているのもなかなか難しいのではないでしょうか。そのような時に、業者が用意している取扱い通貨ペアの確認をしておくと役に立つはずです。FX市場でバイナリーオプションを行うには、どのような通貨ペアを用意するのかで結果が大きく変わってきます。

例えば、円−米ドルの相場が予測通りに動いていないときは、他の通貨ペアで取引きを進めることを検討する必要性がでてくるのです。常に変動している相場では、1つの通貨ペアで取引のチャンスが来くても、他の通貨ペアでは絶好の場面が展開しているかもしれません。このように、単純に考えると、できるだけたくさんの通過点を扱っている業者の方がお得な取引につながるのです。

現在の24オプションは、少ないところでは1通貨ペア、多くなると6通貨ペアを取り扱っています。どの業者でも必ずある通貨ペアは円-米ドルです。その他の通過ペアでは円-ユーロ、円-ポンドなどもあります。だいたいこの3ペアをメインとしていますが、このほかにも円-オーストラリアドル、米ドル-ユーロなどで取引を実施している業者もあります。

常にFX市場は、様々な要因によって変動を続けています。思いもよらない通貨ペアが、予測をしない動きを見せることも少なくないのです。ですから、広い視点で相場の動向を見極める力と、チャンスが来たらすぐに行動を起こす決断力が必ず必要になります。

短時間で結果が見えるバイナリーオプションだからこそ必要になる、決断力と判断力を遺憾なく発揮するために、各通貨ペアの比較は必要不可欠なのです。


 

FXの大きな違い



外貨預金とFXの大きな違いは、手数料の違いです。外国の通貨を購入する際は、少し前までは大きな銀行で行うのが一般的でした。

一般的に大きな銀行では、ドルを購入する場合、為替手数料は片道1円必要です。例えば、1ドルが100円の場合は1%になりますが、円高になって1ドルが80円の場合には1.25%になります。

手数料が一番安いアメリカドルでも、購入したとたんに2.5%の損になってしまうため、金利分を取り戻すのは預金しても非常に困難です。