バイナリーオプション100のこと

相場の変動は人間の心理を表している

投資家の全体像を把握する

FXにかかわらず世界中の投資と呼ばれるものを行っている人は2種類のタイプが存在します。それは、投資家と投機家です。投資家は基本的に利益を1番の目的とせず、会社の成長に重きを置く人たちのことをいい、投機家は個人の利益を1番の目的とした取引をする人のことを指します。どっちも結局はボランティアではないので投資家と投機家を分ける必要がないように思います。利益目的は一切なく企業の応援をしたいという目的であればエンジェル投資家と呼ばれたりします。ですので、エンジェル投資家を除く人たちを投資家とひとくくりに呼ぶことにします。投資家は、相場の変化を予測するために投資商品に関連する情報を常に収集して、市場をチェックしています。あらゆる情報を元に最も儲かると思ったところに資金を投資します。投資といっても自分で資産を運用する個人投資家とお金を預けて投資のプロ集団に運用してもらう機関投機があります。このように投資はひとくくりできるものではなく、様々なタイプの人が取引を行っており、それぞれのタイプの考え方が相場に変動をもたらします。それぞれの投資家の考え方を細かく見ていき、


黎明期タイプ

黎明期タイプは、時代を先読みし他の投資家より先に仕掛ける投資家の人たちです。
国家などの機密情報や独自の分析を元に、相場が変化する前にポジションをとります。

本各期タイプ

本各期タイプは、相場が動き始めたときにその変化に気づきトレンドにそってポジションをとります。


終焉期タイプ

終焉期タイプは黎明期タイプや本各期タイプが動き始めてから、出遅れて動きます。
利益を確定する動きがみられるので、売りと買いがぶつかりあうことにより相場は激しく変動し、その動きに終焉期タイプはついていけず、多くの人がここで損をします。
終焉期はトレンドが逆になる期間なので、逆に終焉期で起こる出来事を予測し、儲かる人もいます。


最後に

市場の上げ下げに振り回され取引を行うのは非常に危険です。
ですので、相場の変化が読めないのであれば取引はしない方がいいです。
最低限、本各期タイプになってから取引を始めてください。
まだ、相場の動きが読めない人は、デモトレードで本各期タイプの人になれるように練習して勝率を上げてからにしましょう。


 

FXの大きな違い



外貨預金とFXの大きな違いは、手数料の違いです。外国の通貨を購入する際は、少し前までは大きな銀行で行うのが一般的でした。

一般的に大きな銀行では、ドルを購入する場合、為替手数料は片道1円必要です。例えば、1ドルが100円の場合は1%になりますが、円高になって1ドルが80円の場合には1.25%になります。

手数料が一番安いアメリカドルでも、購入したとたんに2.5%の損になってしまうため、金利分を取り戻すのは預金しても非常に困難です。