バイナリーオプション100のこと

バイナリーオプションとは

最近、良く「バイナリーオプション」ということを耳にするようになってきました。でも、一体バイナリーオプションというのはどのようなもの?

というような方も多いと思います。バイナリーの意味は、2進数を表す言葉です。

バイナリーオプションの基本的な部分から学べますよというのは、一種の投資のための方法で、そのトレードの方法が簡単であることと損失が少ないということから、気軽に初めての方でも挑戦できる投資の方法として、現在人気が非常に高くなっています。

FXや株の場合には、一回失敗すると損失を多額に出す恐れがあります。しかしながら、バイナリーオプションの場合には、FXの証拠金というようなものがなく、負けた場合でも掛けた金額だけが損失になるため、自分で損失をコントロールすることができます。

つまり、バイナリーオプションというのは、トレードを始める時に自分で損失額の最大を把握することが可能であるため、リスクが他の投資の方法に比較して非常に少ないのです。

バイナリーオプションの投資の方法としては、非常に簡単なトレードで、金融商品の価格が下がるか上がるかを予測するだけです。

イメージとしては、二つさいころを振って偶数なのか奇数なのかを予測するゲームに似ています。具体的な例を挙げると、ドル円で考えた場合、一定の時間後に現在1ドルが80円であるのがどのようになっているのかを予測します。

なお、この一定の時間というのは、業者によって異なっています。上がるという予測をした場合、もし1ドルが80.5円になっていると成功ということになります。この場合に戻ってくるのは、掛け金にその際の倍率を掛けたものになります。

一方、もし1ドルが79.5円になるとどうでしょうか。残念ですが不成功となり、掛け金は無くなってしまいます。このように、勝負が2分の1の確率で決まる非常に簡単なトレードなのです。

トレードは、最短の場合は数分、最大でも24時間で勝負が決まるため、利益をスピーディーに出すことができるものです。そのため、結果が出るまでのストレスも少なくてすみますね。また、大きなメリットは、FXよりも少ない金額から始めることができるということです。

バイナリーオプションの1回のトレードの金額は、100円が最低で5万円が最大と決められています。それ以上の大きな金額をトレードすることはできないため、損失が大きくなることもありません。

「できるだけ損はしたくない」「資金は少なくても着実に少しずつでも稼ぎたい」というような初心者にはおすすめです。

ヘッジファンドという言葉がしばしばテレビや新聞で登場します。

何のことかよく知らずに聞き流している人も多いでしょう。ですが、グローバル化の進んだ今、彼らの動きは一般市民にとっても無関係ではなくなっています。ヘッジファンドとは果たしてどんな集団なのか、今のうちに学んでおきましょう。

1.投資のプロ集団、ヘッジファンド

 ヘッジファンドを簡単に言い表すと、「集めたお金を投資に使って増やすことを目的にしている人達」です。何をもって投資の成功不成功を判断するかは人によりけりですが、ヘッジファンドの勝利条件は「利益がたくさん出せたこと」。もっと露骨に言えば「お金が増えたこと」です。投資されたお金を使って企業が何をするか、長期的な目で見てどうなるかといったことにはあまり興味がありません。本当にお金儲けが目的なので、極めて成果主義的な、実力がすべての集団であるともいえます。

2.誰が「元銭」を出しているのか

 投資をするためには元となるお金が必要です。投資信託の場合は、一般から公募してお金を集めていますが、ヘッジファンドはそんなことはしません。投資家や富裕層から数億~数千億単位のお金を集めて動かしているのです。お金を増やすことに成功すれば、出資者はその分前がもらえるということです。その関係上、一般向けの広告などはほとんど出されていません。興味がある場合は、ヘッジファンドの公式サイトを探して連絡するか、ファンドに出資している人に仲介を依頼するなどしてコンタクトをとる必要があります。

3.動きはとても投機的

 先述したように、ヘッジファンドのお金の動かし方はとても投機的です。つまり、短期間の株価の変動に乗じて利ざやを得ようとするのです。当然ながらハイリスク・ハイリターンですし、ヘッジファンドの動き自体が相場を乱高下させる要因にもなりうるので、しばしば批判の対象となります。あのサブプライムローン問題を引き金とするリーマンショックも、ヘッジファンドに大きな責任があります。直接彼らと関わっていない人にも、無関係の話ではないのです。

4.近年では規制が進む。日本への影響も大

 経済への影響があまりに大きくなりすぎたため、近年ではヘッジファンドを規制しようという動きが強くなってきました。リーマンショック後には、G20でヘッジファンドの規制が決定されています。日本でも2000年以降に大規模な円安と円高が繰り返し起こっていますが、これもヘッジファンドによる円の売り買いが大きく影響していると言われています。安定通貨である円は、常に彼らに見張られているのです。

5.まとめ

 ヘッジファンドは、富裕層にとっては自分に代わって資産を増やしてくれる、とてもありがたい存在です。経済や世界情勢に精通したエリートの集団であることも疑いありません。しかし彼らの行動は、いざ失敗すると世界中の経済に混乱を招くおそれもあります。巨額のお金がどのように動かされているか、しっかりと見据えておく必要があるでしょう。


 

FXの大きな違い



外貨預金とFXの大きな違いは、手数料の違いです。外国の通貨を購入する際は、少し前までは大きな銀行で行うのが一般的でした。

一般的に大きな銀行では、ドルを購入する場合、為替手数料は片道1円必要です。例えば、1ドルが100円の場合は1%になりますが、円高になって1ドルが80円の場合には1.25%になります。

手数料が一番安いアメリカドルでも、購入したとたんに2.5%の損になってしまうため、金利分を取り戻すのは預金しても非常に困難です。